2008年07月16日

温泉レポ:鉛温泉 藤三旅館

ランキング←人気ブログランキングに挑戦中です。
           1クリックご協力お願いします
お願い

東北旅行1日目に、宿泊しました。

鉛温泉 藤三旅館
藤三旅館鉛温泉にある老舗の温泉旅館です。



開湯以来600年というだけあって歴史を感じさせる佇まいですね。
秘湯を守る会の会員宿でもあります。
5ヶ所ある浴槽は、全て源泉100%のかけ流しです。

湯治部と旅館部に分かれていますが、今回は旅館部に宿泊しました。
6畳の小さな部屋、トイレ洗面所は付いていません。

窓からは、渓流が見下ろせました。
部屋部屋から











チェックイン後、すぐにお風呂へ・・・

まずは、桂の湯へ行ってみました。
桂の湯男女別に内湯と露天風呂があります。











リニューアルされたばかりなのか、奇麗な浴室でしたね。

露天風呂は、屋根がついた半露天・・・
桂の湯川の流れを見ながら湯浴みができます。











無色透明、無味無臭のさらりとしたお湯ですが、やわらかい良いお湯です。
桂の湯











男風呂のみ、さらに一段下に浴槽が・・・
桂の湯2、3人で一杯になる大きさです。











こちらの方が、川の流れを目の前に入浴出来て良かったです。

続いて、この旅館の名物、白猿の湯へ・・・
白猿の湯











階段を下っていくと、10人ほど入れる浴槽があります。
白猿の湯驚くべきは浴槽の深さ・・・
125cmもあります。










立っても肩まで浸かる深さです。
お湯は、浴槽の底から湧き出しています。
桂の湯と同じく、無色透明のやわらかいお湯でした。
生まれたての新鮮なお湯に浸かれるのは、最高ですね・・・

白猿の湯は混浴ですが、女性専用時間が1日3回設けられています。
それ以外の時間は、実際は男専用ですね。
女性が入るのは、勇気がいるかと・・・

続いて、湯治部にある河鹿の湯へ・・・
河鹿の湯











ここは、シンプルに内湯が一つあるのみです。
河鹿の湯











料理も美味しかったですよ。
秘湯を守る会の宿限定の「秘湯ビール」も頂きました。
料理秘湯ビール











評価(5点満点)
お湯:5、施設:3、眺望・開放感:4、食事:4

特徴のないさらりとしたお湯ですが、やわらかい良いお湯でした。
ゆっくりと浸かっていると、じわ〜っと染み込んでくるような感じです。
2、3泊して、湯治気分で湯浴みを楽しむ・・・そんな宿ですね。
部屋などの施設はかなり年季が入っていますが、綺麗に手入れがされていました。
料理も美味しかったです。
良い宿ですね・・・
また泊まりに行きたいです。

DATA
鉛温泉 藤三旅館
住所:岩手県花巻市鉛字中平75-1 
TEL:0198-25-2311
料金:1泊2食付9000円〜、日帰り入浴700円
泉質:アルカリ性単純温泉
源泉温度57℃


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
冬はスキー、春から秋は旅行や登山に・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人 Michyのブログです。
スキーとオフの旅行や散策記事をメインに
書いています。

■著作権について
掲載した記事、画像の著作権は当ブログの
管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。

■免責事項
ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント