2010年09月04日

温泉レポ:四万温泉 四万やまぐち館

ランキング←人気ブログランキングに挑戦中です。
           1クリックご協力お願いします
お願い

信州旅行2日目、本白根山に登った日に宿泊しました。

四万温泉 四万やまぐち館
やまぐち館


四万川の清流を眺めながら入浴出来る、名物の露天風呂が、有名な宿です。
部屋数60室と、四万温泉の中でも大型の部類に入ります。

5階のこちらの部屋に案内されました。
案内
















部屋

















窓からは、眼下に四万川の清流と小さい滝が望めました。
「眺めの良い部屋を」とリクエストしたのが、良かったですね・・・
ただし、かなり煙草臭かったのは、大きなマイナス点でした。
次からは“禁煙室”と付け加えないと・・・

お風呂は内湯の大浴場と、「四万川の湯」「お題目大露天風呂」の2つの露天風呂があります。
露天風呂は、時間で男女が入れ替わるシステムでした。
貸切り風呂もありましたが、別料金となっていました。

到着時に男湯となっていた、「四万川の湯」へ向かいました。
浴場入口

















こちらが、「四万川の湯」の露天風呂です。
四万川の湯 露天jpg

















とにかく人が多くて・・・
人が少なくなった一瞬の隙を見て、お願いして撮らせてもらいました(笑)

浴槽は、20人近く入れる、かなり大きなものです。
眼下には、四万川の清流が見えます。
写真の一段高くなっている所は、温めの浴槽となっていました。

露天風呂に併設された内湯・・・
こちらも四万川を眺めながら、入浴出来ます。
四万川の湯 内湯

















露天、内湯とも、無色透明のお湯が、かけ流されていました。
僅かに硫黄の匂いが感じられます・・・
特徴はあまりないお湯ですが、トロミのある柔らかい良いお湯でした。
温度も熱すぎず、温すぎずの、調度良い温度でしたね。

11時過ぎに、露天風呂の男女が入れ替わります。
もう一方の、「お題目大露天風呂」へ行ってみました。
しかし、この時間でも大勢の方が入っていて、あまり落ち着けません。
しかも真っ暗で景色も良く見えず・・・

翌朝4時半に、もう一度入りに行きました。
四万川が目と鼻の先に見えます・・・
お題目大露天風呂(1)
















お題目大露天風呂(2)

















お湯は、「四万川の湯」と同じ物です。
温度は少し温めなので、ゆっくりと浸かりました。
清流を眺めながらの入浴で、癒されましたね。

こちらにも、屋根の付いた内湯部分がありました。
お題目大露天風呂 内湯
















お題目大露天風呂 内湯(2)

















お湯の投入口には、結晶がビッシり・・・
特徴のないお湯ですが、温泉の成分は濃いことがわかります。
投湯口

















夕食は、大広間で・・・
美味しく頂きました。
夕食

















さて、今回は、“麒麟淡麗生飲み放題プラン”で宿泊しました。
発泡酒の飲み放題??と思うかも知れませんが、部屋だけ申し込むより安いんですよね・・・
ちょっと不思議なプランでした。

せっかくなので、思う存分飲ませて頂きましたよ(笑)
麒麟 淡麗生

















夕食後は、ロビーで女将による紙芝居などのイベントが催されます。
この宿の名物のようですね・・・
我が家は、酔っ払って寝ていたので見られませんでした(笑)

評価(5点満点)
お湯:4、施設:5、眺望・開放感:5、食事:4
渓流を眺めながらの露天風呂は良かったですね・・・
見た目は特徴の無いお湯に見えますが、成分は濃いようですね。
効能豊かな、お湯に思えました・・・
サービスも行き届いていて、料理も悪くなかったです。

DATA
四万温泉 四万やまぐち館
住所: 群馬県吾妻郡中之条町大字四万甲3876-1
TEL: 0279―64-2011
料金:1泊2食付10800円〜、日帰り入浴:1500円
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
源泉温度:56.9℃


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
冬はスキー、春から秋は旅行や登山に・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人 Michyのブログです。
スキーとオフの旅行や散策記事をメインに
書いています。

■著作権について
掲載した記事、画像の著作権は当ブログの
管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。

■免責事項
ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント