2011年08月30日

温泉レポ:老神温泉 ぎょうざの満洲 東明館

ランキング←人気ブログランキングに挑戦中です。
           1クリックご協力お願いします
お願い

丸沼に滑りに行った2日目に宿泊しました。

老神温泉 ぎょうざの満洲 東明館
東明館


             
温泉旅館とは思えない名前ですね・・・
老神温泉に昔からあった旅館を、数年前に中華料理チェーンの店が買い取り、
リーズナブルな料金設定の宿に、リニューアルしたようです。

リニューアルして日が浅いだけあって、建物内部は非常に綺麗でした。

料金はチェックインの際、先に支払います。
今回は素泊まりだったので、1泊4700円!!
夕食代を入れても6000円と非常にリーズナブルです。

今回宿泊した部屋は、こちら・・・
8畳の和室に広縁が付いています。部屋も綺麗でしたね・・・
東明館 部屋

















部屋にはトイレ、洗面台も付いています。
トイレもウォシュレット完備で、綺麗でした。
布団は自分で引きますが、この料金設定なら満足です。

到着後、すぐにお風呂へ向かいました。

浴室の入り口は、非常にシンプル・・・
浴室入口(1)

















浴室入口(2)

















浴槽は、内湯と露天が一つずつあります。

こちらが、内湯の様子・・・
浴室も非常に綺麗です。
東明館 内湯(1)

















良いお湯でしたね・・・
少し熱めの、ほのかに硫黄の香りのするお湯が、かけ流されています。
加水無し、源泉をそのままかけ流していて気持ち良いです。
浴槽の底には、黒い湯の華が沈んでいました。

到着直後は、僅かに白濁したお湯でしたが・・・
東明館 内湯(2)

















翌日の朝には、ご覧の通り真っ白に・・・
温泉は生き物ですね。
東明館 内湯(3)

















露天風呂の様子は、こちら・・・
東明館 露天(1)

















周囲を竹垣で囲まれているので、眺望はありません。
立ち上がると、木々の間から渓谷が少し見える程度です。
渓谷の反対側にも宿があるので、目隠しの必要上仕方ないですね。

露天エリアのスペースは広く、解放感はそこそこありました。
晴れていれば星を眺めながら入浴できそうです。
東明館 露天(2)

















休憩スペースも広くて綺麗です。日帰りでの利用も良さそうですね。
休憩所

















さて、この宿のプランに夕食は付いていません。
フロント横の「ぎょうざの満洲」で頂きます。
予約も必要なく、空いている時間に行って、好きなメニューを注文します。
食堂

















回鍋肉と餃子のセットを頂きました。
なかなか美味しかったですよ。
夕食(1)

















特に餃子は、皮はもっちり、中はジューシー・・・
美味しかったですね。
夕食(2)

















評価(5点満点)
お湯:4、施設:4、眺望・開放感:3、食事:3
源泉かけ流しの温泉が、非常に良かったです。
施設も綺麗でしたね。
食事は、評価が分かれるかと思いますが、値段から考えれば満足できます。
非常に満足度が高い宿でしたが、不満な点も・・・
それは、部屋が非常に煙草臭かったこと。
リニューアルして間もない部屋とは思えませんでした。
前夜泊まった客が、偶々ヘビースモーカーだったのか?
他が良かっただけに、非常に残念・・・
禁煙室の設置を望みます。

DATA
老神温泉 ぎょうざの満洲 東明館
住所:群馬県沼田市利根町大楊1519-2
TEL:0278-56-2641
料金:1泊朝食付5500円〜、日帰り入浴600円
泉質:単純硫黄泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉温度:50.8℃、PH:7.8
HP:http://www.mansyu.co.jp/oigami/toumeikan.htm


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
冬はスキー、春から秋は旅行や登山に・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人 Michyのブログです。
スキーとオフの旅行や散策記事をメインに
書いています。

■著作権について
掲載した記事、画像の著作権は当ブログの
管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。

■免責事項
ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント