2013年06月17日

温泉レポ:肘折温泉 湯宿 元河原湯

山形旅行1日目に宿泊しました。

肘折温泉 湯宿 元河原湯
湯宿 元河原湯


肘折温泉は、月山の麓、銅山川沿いにある静かな温泉地です。
風情のある良い雰囲気の温泉街でしたね・・・
早朝には朝市が開かれていました。
朝市


宿の外観は少し年季が入っていますが、内部は綺麗にリニューアルされています。
フロント


入り口脇には、美味しい沢水が山から引かれていました。
ロビーでは、この水で淹れたコーヒーも頂けます(有料)。
沢水


宿泊した部屋は、こちら・・・
シンプルな8畳の和室です。
部屋


山側の部屋なので、眺望は良くありません・・・
眺めの良い銅山川に面した部屋は、空きが無く取れませんでした。

お風呂は、大浴場と貸切風呂の2箇所あります。

まずは、最上階の4階にある展望大浴場に行ってみました。
大浴場入口


展望大浴場の様子は、こちら・・・

内湯のみですが、窓が大きいので、明るく、眺望も得られます。
開放感は、悪くないですね・・・
大浴場(1)


立ち上がると銅山川が見えます・・・
大浴場(2)


温度の高い共同井戸(肘折3号泉)のお湯と、温度の低い自家源泉をブレンドしているようです。
お湯の投入量も、浴槽の大きさからすれば十分でしょう・・・
お湯投入口


緑がかった茶褐色の濁り湯が、かけ流されていました。
手に取って嗅ぐと、土類系と鉄錆が混じったような臭いがします。
滑らかな浴感で、温度も適温でした。
大浴場(3)


1階には、貸切風呂があります。
貸切風呂は、夜の22時までは予約制、それ以外は自由に入浴出来ます。
貸切風呂(1)


浴槽は信楽焼です。
3人も入れば一杯の大きさです。
貸切風呂(2)


窓を開けると、銅山川が目の前に見えます。
貸切風呂(3)1


貸切風呂は、自家源泉のみのかけ流しです。
お湯の色は薄い赤茶色の濁り湯で、鉄錆臭は大浴場よりも強く感じました。
温めのお湯で、長湯するのに向いていますね・・・

夕食は、部屋食でした。
一つ上の料金プランにすると、2階の囲炉裏の間でのお食事になるようです。

山菜を多く取り入れた、ヘルシーな料理でした。
夕食(1)


夕食(2)


夕食(3)


夕食(4)


朝食は、2階の囲炉裏の間で頂きます。
山形のブランド米、つや姫のご飯は、非常に美味しかったです。
朝食


評価(5点満点)
お湯:4、施設:3、眺望・開放感:3、食事:3
良いお湯でしたね。
源泉かけ流しで、気持ち良く入浴出来ました。
内湯だけですが、解放感は悪くなかったです。
建物は年期が入っていましたが、内部は綺麗に手入れがされていました。
夕食は、及第点といったところでしょうか・・・
朝食のお米は本当に美味しかったです。
夕食にも出して欲しいですね。

DATA
肘折温泉 湯宿 元河原湯
住所:山形県最上郡大蔵村南山454-1
TEL:0233-76-2259
料金:1泊2食付8850円〜、日帰り入浴:500円
泉質:
”折3号泉:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(旧泉質名:含重曹−食塩泉)
⊆家源泉:ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(旧泉質名:含食塩−重曹泉)
源泉温度:73.5℃、34.9℃、PH:6.7、6.2
HP:http://www.irori.in/


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
冬はスキー、春から秋は旅行や登山に・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人 Michyのブログです。
スキーとオフの旅行や散策記事をメインに
書いています。

■著作権について
掲載した記事、画像の著作権は当ブログの
管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。

■免責事項
ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント