2013年06月19日

温泉レポ:湯の沢温泉 時の宿すみれ

山形旅行3日目、蔵王山に登った日に宿泊しました。

湯の沢温泉 時の宿すみれ
時の宿すみれ(1)


米沢市の郊外にある、湯の沢温泉の一軒宿です。
時の宿すみれ(2)


入口から入ると、ロビーの奥に続くウッドデッキと広い庭が目に入ります。
ロビー


ウッドデッキ


部屋数は10室しかない宿ですが、敷地面積は非常に広く4000坪もあるそうです。
庭の奥には山形新幹線の鉄橋が通っています。
庭


ロビーの隣には酒蔵があって、夕食の時に頂くワインや日本酒を選べるようになっていました。
気に入ったワインを選びました。
酒蔵


和と洋が上手く調和した落ち着いた雰囲気の館内・・・
今回は、2階の「さくら」と言う部屋に宿泊しました。
館内


古民家風の造りの8畳の和室です・・・
部屋(1)


テレビ、時計は、この宿には置かれていません。
時の流れを忘れて、ゆったりと寛いで欲しいというコンセプトなんでしょうね・・・

お風呂は大浴場が2つあって、時間で男女が入れ替わるシステムです。
他に貸切風呂が2つありました。

まずは、大浴場の一つ「時と光の湯」に行ってみました。
「時と光の湯」には、内湯と露天風呂があります。
大浴場入口


内湯の様子は、こちら・・・
窓が大きく、目の前に広がる森林の緑を感じながらの入浴です。
時と光の湯 内湯(1)


奥の扉を開けると露天風呂に出られます。
屋根が付いているので半露天風呂ですね・・・
時と光の湯 露天風呂


翌朝入った、もう一つの大浴場「森と風の湯」・・・
前面の窓ガラスを全開にすると、開放的な空間になります。
森と風の湯


ベンチに座って涼んでいたら、山形新幹線が通過して行きました。
山形新幹線


大浴場入口の隣に、貸切風呂の入口があります。
貸切風呂入口(1)


予約は不要で、空いている時に自由に入りに行けます。
扉に掛かっている札を入浴中に変え、内鍵を掛けて入ります。
貸切風呂入口(2)


貸切風呂は「木漏れ日の湯」、「せせらぎの湯」の2つがありますが、造りは同じでした。
新緑を眺めながら気持ち良く入浴出来ました。
貸切風呂(1)


下に流れる沢の音にも癒されました・・・
貸切風呂(2)


お湯は無色透明、無味、無臭の単純泉です。
温度が低いので加温されていますが、源泉かけ流しで浴槽に投入されています。
温度は少し熱めでしたね・・・
時と光の湯 内湯(2)


さて、「時の宿すみれ」の一番の楽しみは米沢牛づくしの夕食です・・・
元々、米沢牛を扱う精肉店が開いた宿なので肉の質にも定評があります。
メニュー


カウンター席に案内されました。
オープンキッチンで調理している所を眺めながら、料理を頂きます・・・
カウンター席


まずは、酒蔵で選んだワインで乾杯・・・
夕食(1)


料理は見た目も綺麗で美味しく、大変満足しました・・・
夕食(2)


夕食(3)


夕食(4)


夕食(5)


メインのステーキ肉・・・
夕食(6)


ミディアムレアで頂きました。
夕食(7)


朝食も美味しかったですね・・・
出されたソーセージや煮凝りも米沢牛で作られた物でした。
朝食


評価(5点満点)
お湯:3、施設:5、眺望・開放感:4、食事:5
宿全体の静かな落ち着いた雰囲気、自然に囲まれたロケーション・・・
時間がゆっくりと流れる感じで、非常に寛げました。
料理は評判通りの美味しさで、満足しました。
欲を言うなら温泉の質ですかね・・・
単純泉なので、どうしても温泉らしさが少ない・・・
まあ、これは仕方ないですけどね。
源泉温度が低い場合、循環、塩素消毒の宿が殆どですが、
加温して源泉かけ流しで提供する姿勢は素晴らしいと思います。
大変満足できました。
また泊まりたい宿の一つですね・・・

DATA
湯の沢温泉 時の宿すみれ
住所:山形県米沢市関根12703-4
TEL:0238-35-2234 
料金:1泊2食付18,900円〜
泉質:単純温泉(低張性中性低温泉)
源泉温度:26℃、PH:7.5
HP:http://www.tokinoyado.com/


road_to_crown at 00:04コメント(0)温泉レポ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
冬はスキー、春から秋は旅行や登山に・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人 Michyのブログです。
スキーとオフの旅行や散策記事をメインに
書いています。

■著作権について
掲載した記事、画像の著作権は当ブログの
管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。

■免責事項
ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント