2014年06月20日

礼文島旅行記:2014年6月16日〜17日(3日目〜最終日)

礼文島旅行2日目から続く・・・

フェリーターミナル9時20分発のバスで、スコトン岬へ出発しました。
スコトンへのバス


3日目は、礼文島最北端のスコトン岬から香深井までの8時間コースを歩く予定でしたが・・・

朝起きると本降りの雨、風も非常に強かったので、予定を変更・・・
澄海岬、アツモリソウ群生地を経て浜中までの4時間コースを歩くことにしました。
4時間コース


スコトン岬に10時過ぎに到着・・・
晴れていれば、良い景色が広がる場所なんですが・・・
スコトン岬(1)


12時頃には雨が上がる予報だったので、お茶をしながら待機・・・
停滞


1時間待って雨は小降りになって来ましたが、風は一向に弱まる気配がありません・・・
11時半まで粘りましたが、帰りのバスの時間もあるので出発することにしました。
スコトン岬にて


しばらく、車道歩きが続きます・・・
スコトンから車道を行く


普通なら退屈に思う車道歩きですが、ここは礼文島・・・
こんな道路脇にも高山植物が咲いていて、雨の中でも苦になりません。

ハクサンチドリ
ハクサンチドリ


センダイハギ
センダイハギ


レブンシオガマ
レブンシオガマ


沢山咲いていて、目を楽しませてくれました。

ゴロタ山へ登る途中からの景色・・・
天気が良ければ、礼文島らしい雄大な景色が広がるんですけどね・・・
ゴロタ山の途中から


この辺りは特に風が強く、前に進むのも大変でした。
ゴロタ山の登り


12時半過ぎにゴロタ岬に到着・・・
BlogPaint


何度も言いますが、天気が良ければ本当に良い所なんです・・・
しかし、この天気では・・・
ゴロタ岬から


ゴロタ岬から(2)


風も強くて寒かったので、早々に出発しました。

ゴロタ岬からゴロタノ浜まで下って行きます。
ゴロタ岬からの下り


しばらくゴロタノ浜に沿った道を歩きます・・・
ゴロタノ浜


山側の斜面には、エゾカンゾウが群生していました。
エゾカンゾウの群生


エゾカンゾウ


鉄府の集落近くには、レブンアツモリソウの群生地があります。
見頃は少し過ぎていましたが、綺麗でしたね・・・
レブンアツモリソウ(1)


鉄府の集落を抜け、再び山道に入った所からのパノラマ・・・
今日歩いてきたコースを振り返ります。
パノラマ


澄海岬に14時半に到着・・・

ここはコバルトブルーの海が美しい、礼文島でも人気の観光スポットなんですが・・・
曇り空では、海の色もいまひとつ映えません。
澄海岬


澄海岬からは、再び車道歩きとなります。
浜中へ


暫く歩くとレブンアツモリソウの群生地に出ました。
アツモリソウ群生地


見頃は少し過ぎていましたが、咲き始めたばかりの綺麗な株もありました。
レブンアツモリソウ(2)


一番の美人さんは、こちら・・・
レブンアツモリソウ(3)


しかし有刺鉄線で囲まれ、監視員の目が光る中で植物を眺めるのは、やはり寂しいですね・・・
こんな寒い所に咲く花を盗って帰っても育つわけないのにね・・・
買う人も悪いんでしょうが、人間の愚かさを感じます。

ゴール地点の浜中に16時前に到着・・・
バスの時間まで30分以上ありましたが、偶々通りかかったタクシードライバーの方に港まで戻る所だから・・・
とバス料金と同じ値段で乗せて貰えることになりました。
ラッキーでしたね・・・

礼文島では珍しい、赤紫色のアツモリソウも見ることが出来ました。
アツモリソウ 赤紫


宿に戻り、この日も美味しい海の幸を頂きました・・・
アワビ


最終日は、フェリーターミナル近くでお土産を買い込んで・・・
土産物屋


12時半のフェリーで礼文島を後に・・・
礼文島を後に


15時50分稚内発の便で帰路に着きました。
稚内空港


天気には恵まれませんでしたが、礼文島の雄大な景色、綺麗な高山植物に出会え、
また美味しい海の幸も味わうことが出来て、満足の行く旅となりました。
次は天気の安定する秋に訪れたいですね・・・

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
管理人:Michy
冬はスキー、春から秋は旅行や登山・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人のブログです。

趣味:
スキー、写真、旅行、温泉、登山、庭仕事


1クリック御協力をお願い致します。

※掲載した記事、画像の著作権は当ブログの管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。
尚、ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ