2014年09月13日

温泉レポ:福地温泉 いろりの宿 かつら木の郷

飛騨高山旅行3日目に宿泊しました。

福地温泉 いろりの宿 かつら木の郷
かつら木の郷


奥飛騨温泉郷の一つ、福地温泉は、標高約1000mの山間に建つ秘湯の温泉地です。
10軒程ある宿は、古民家風の建物に統一され、山の湯らしい風情があります。

かつら木の郷の母屋も、築100年以上の豪農の屋敷を移築したものです。
玄関から入ったロビーは、2階まで吹き抜けになっていて、剥き出しの太い柱や梁が見えます。
ロビー


ロビーには囲炉裏の間もあります・・・
囲炉裏


敷地面積は、4000坪あります。
広大な敷地内には、風呂や離れの部屋10室が点在し、母屋から回廊で繋がっています。
館内(1)


館内(2)


読書室もあって、庭を眺めながら寛ぐことが出来ました。
読書室


今回宿泊したのは、離れの柿香庵という部屋・・・
柿香庵


10畳の和室に囲炉裏の間が付きます。
部屋(1)


WiFiフリーなので、ソファーで寛ぎながらネットも楽しめました。
部屋(2)


専用の露天風呂も付いています。
部屋付き露天風呂(1)


洗面所の壁には、タオルウォーマーが取り付けられていました。
洗面所


寝具はイタリア製の低反発マットレスを使用・・・
グッスリ眠れました。
部屋(3)


浴室は、大浴場と2つの貸切風呂があります。

大浴場は、内湯と露天風呂があります。
まずは内湯から・・・

7〜8人程度が入れる大きさです。
右側は寝湯を楽しめるように浅くなっていました。
大浴場 内湯


内湯から外に出ると露天風呂が・・・
大浴場 露天(1)


置かれた岩がトンネルになっていて、通り抜けた向こう側にも露天が広がります。
ちょっと面白い造りですね・・・
大浴場 露天(2)


周囲は木々に囲まれ眺望はありませんが、緑に包まれ解放感は悪くありません。
大浴場 露天(3)


続いて、貸切風呂へ・・・
貸切風呂は石船の湯、木船の湯の2箇所あり、其々に内湯と露天風呂が付いています。

内湯はどちらも同じ様な造りです。
2〜3人で一杯になる大きさですね・・・
貸切風呂 内湯


露天風呂は名前の通り、石船の湯は石で、木船の湯は木で造られていました。
石船の湯 露天


木船の湯 露天


最後は、部屋付きの露天風呂・・・
こちらも眺望はありませんが、中庭を眺めながら、のんびりとお湯に浸かれました。
部屋付き露天風呂(2)


夜は月が出て、月見風呂を楽しめました。
月見風呂


一番気に入ったのは、大浴場の露天風呂でしたね・・・
大浴場と言っても部屋数が少なく、貸切風呂や部屋付きの風呂があるので、常に貸切でした。

敷地内に単純温泉とナトリウム−炭酸水塩泉の2本の源泉を持ちます。
全ての浴槽が源泉かけ流しです。
無色透明、若干青みがかって見えるような・・・
臭いも無く、浴感もそれ程特徴はありませんが、気持ち良く入れました。

食事は、母屋の食事処で頂きます。
個室に分かれていて、囲炉裏を囲んでの食事です。

料理は見た目も綺麗で、美味しかったです。
前菜


湯葉笹豆腐


御造り


飛騨高山麦酒、香りの良いビールでした。
飛騨高山麦酒


ごぼうの冷製ポタージュ、牛蒡の風味が活きています。
ごぼうのポタージュ


メインは、A5ランクの飛騨牛
飛騨牛


囲炉裏で焼いて頂きました。
これは本当に美味しかった・・・
囲炉裏焼き


五平餅も炭火で炙って・・・
五平餅


デザートまで美味しく頂きました。
デザート


朝食にも囲炉裏で焼いた魚が・・・
朝食


朴葉味噌も頂きました。
朴葉味噌


評価(5点満点)
お湯:4、施設:5、眺望・開放感:4、食事:5
お湯に特徴はありませんが、源泉かけ流し、湯量も豊富で気持ち良く入浴出来ました。
全ての浴室が、実質貸切だったのも良いですね。
アメニティも充実、部屋や館内の造りも良く、寛げました。
料理も美味しかったですね・・・
ほぼ文句の付けようが無い、満足度の高い宿でした。
また泊りに行きます。

DATA
福地温泉 いろりの宿 かつら木の郷
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地温泉10番地
TEL:0578-89-1001 
料金:1泊2食付20000円〜
泉質:.淵肇螢Ε-炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)、単純温泉(中性低張性高温泉)
源泉温度:53.1℃、46.3℃、PH:6.8、6.9
HP:http://katuraginosato.co.jp/



☜御覧になりましたら、1クリック御協力をお願い致します。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
冬はスキー、春から秋は旅行や登山に・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人 Michyのブログです。
スキーとオフの旅行や散策記事をメインに
書いています。

■著作権について
掲載した記事、画像の著作権は当ブログの
管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。

■免責事項
ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント