2018年06月18日

登山記録:2018年6月17日(平標山)

梅雨の晴れ間を利用して平標山に登って来ました。

越後湯沢駅前のビジネスホテルに前泊し、6時の始発バスで湯沢駅を出発しました。
青空が広がり、絶好の登山日和になりそうです。
P6170003


今回歩いたルートは、こちら・・・
登山口から松手山を経て山頂に上がり、平標山の家、平元新道経由で下山しました。
Map


6時半過ぎに平標登山口のバス停に到着・・・
準備を済ませて6時45分に出発しました。
P6170008


いきなり階段の急登が始まります。
P6170009


高度を上げて行くと木立の合間から苗場スキー場が見えました。
P6170012


鉄塔下に7時15分に到着・・・
先を急ぐので水分補給だけで出発しました。
P6170017


まだまだ急登が続きます。
P6170030


松手山に7時45分に到着しました。
登山口からここまで1時間、良いペースで登って来ました。
P6170039


松手山からは一の肩、その奥に平標山山頂が見えました。
P6170042


松手山から上は高山植物が増えて来ました。
アカモノは登山道脇に沢山咲いていましたね・・・
P6170053


まだ咲き始めのハクサンチドリ・・・
P6170063


ヨツバシオガマも・・・
P6170088


一の肩付近で振り返ると苗場山とホームゲレンデのかぐらスキー場が・・・
P6170057


尾根の間から見えるのは白馬三山かな・・・
P6170076


登って行くと、お目当てのハクサンイチゲの群落が現れました。
残念ながら、この場所は少し見頃を過ぎていました。
P6170080


8時50分に平標山山頂に到着しました。
BlogPaint


山頂からは見事な雲海が・・・
(※パノラマ合成しました。クリックで拡大します。)
パノラマ


稜線から滝のように流れ落ちる雲・・・
P6170046


雲海の上に浮かぶ浅間山・・・
P6170072


富士山も山頂付近だけ顔を出していました。
P6170085


平標山から見た仙ノ倉山・・・
時間の都合で仙ノ倉山は見送りましたが、高山植物の綺麗な鞍部まで下ってみました。
P6170107


鞍部へ下る道沿いにはハクサンイチゲの大群落が広がっていました。
P6170109


これが見たくて平標山に来たんですよ・・・
P6170116


P6170119


P6170190


P6170144


P6170199


シナノキンバイやイワカガミなどハクサンイチゲ以外の高山植物も沢山咲いていました。
P6170175


P6170212


ハクサンコザクラとチングルマは見頃を過ぎた感じでしたね・・・
P6170159


約1時間ゆっくり散策して山頂を後にしました。
平標山の家に向かって下って行きます。
P6170218


平標山の家まで下る途中も高山植物を見ることが出来ました。
タテヤマリンドウ
P6170227


ゴゼンタチバナ
P6170233


マイヅルソウ
P6170237


10時50分に平標山の家に到着・・・
P6170244


水場の水が冷たくて美味しかったです。
P6170240


平標山の家からは平元新道を下ります。
山頂から急な階段の下りが延々と続き、流石に膝に堪えました。
P6170253


最後は単調な林道歩きに・・・
P6170255


林道沿いにはツルアジサイが見られました。
P6170261


12時半に登山口に到着・・・
P6170264


梅雨の時期としては、これ以上は望めない位の天気に恵まれました。
ハクサンイチゲの大群落や沢山の高山植物を見ることが出来て、大満足の山行でした。

12時45分のバスで越後湯沢駅に向かい、13時40分の新幹線で帰路に着きました。
P6170266




☜御覧になりましたら、1クリック御協力をお願い致します。

road_to_crown at 22:36コメント(0)登山記録 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
冬はスキー、春から秋は旅行や登山に・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人 Michyのブログです。
スキーとオフの旅行や散策記事をメインに
書いています。

■著作権について
掲載した記事、画像の著作権は当ブログの
管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。

■免責事項
ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント