2018年08月20日

登山記録:2018年8月18日(八ケ岳:赤岳〜横岳〜硫黄岳)

土曜日に八ケ岳の赤岳〜横岳〜硫黄岳を縦走して来ました。
P8180164


金曜日に仕事を終えてから茅野駅まで来て駅前のビジネスホテルに宿泊しました。
翌朝4時前にホテルを出て駅前からタクシーに乗り、美濃戸口には4時30分に到着・・・
日の出前のまだ暗い中をヘッドライトの光を頼りに美濃戸に向かいました。

今回は美濃戸口から行者小屋、文三郎尾根を経由して赤岳へ登り・・・
赤岳から横岳、硫黄岳を越えて美濃戸口に戻るルートを選択しました。


コースタイムは10時間半・・・
これだけのロングコースを歩くのは実に25年ぶり!!です。

美濃戸までは1時間弱の林道歩きです。
美濃戸に到着する頃には明るくなって来ました。
P8180004


美濃戸からは南沢コースに入りました。
P8180008


沢沿いの登山道を進みます。
P8180014


絨毯の様に広がる苔が非常に綺麗でした。
P8180027


行者小屋に近づくと赤岳が姿を現しました。
P8180028


6時50分に行者小屋に到着・・・
P8180031


赤岳、これから登る文三郎尾根も見えます。
軽食と水分補給をして7時に行者小屋を出発しました。
P8180035


小屋の先で阿弥陀岳への道と分かれ、文三郎尾根に入ります。
P8180037


最初から階段の急登が続きます。
P8180046a


20分程でもうこんなに登って来ました。
行者小屋が小さく見えます。
P8180055


尾根の先に槍ヶ岳から穂高へと続く峰々が見えました。
P8180052


左側には赤岳西壁が・・・
P8180063


中岳と阿弥陀岳・・・
P8180062


まだまだ急登が続きます。
P8180068


マムートマークの階段を上がって・・・
P8180070


7時45分に文三郎尾根分岐に到着しました。
P8180081


この分岐から山頂までが文三郎尾根の核心部です。
P8180090


登山道の様子は一変し、鎖の掛けられた急な岩場が続きます。
P8180096


最後の岩場を登り切って・・・
P8180101


8時15分に赤岳山頂に到着しました。
BlogPaint


山頂からは遮る物の無い360度のパノラマが広がります。
南アルプスの北岳、間ノ岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳
P8180116


中央アルプス
P8180117


富士山も綺麗に見えました。
P8180112


パノラマ合成しました。(※クリックで拡大します。)
パノラマ


これから越えて行く横岳、硫黄岳へ続く岩稜・・・
景色を十分に満喫して 8時45分に赤岳山頂を出発しました。
P8180140


15分程で赤岳天望荘に着きました。
素晴らしいロケーションにある山小屋、次は宿泊したいですね・・・
P8180151


地蔵尾根分岐にある御地蔵様・・・
P8180153


地蔵尾根分岐から先はスリリングな岩稜歩きが続きます。
P8180158


切り立った断崖沿いの道、高度感も結構あります。
P8180169


8月半ばを過ぎ、赤岳周辺ではあまり見られなかった高山植物でしたが・・・
横岳周辺では、まだ所々で見ることが出来ました。

タカネナデシコ
P8180167


ウメバチソウ
P8180175


10時に横岳に到着しました。
富士山をバックに・・・
P8180188


最難関の奥ノ院を過ぎるとなだらかな台座ノ頭に着きます。
P8180191


台座ノ頭から硫黄岳山荘にかけてはコマクサの群落が広がっていました。
P8180198


殆どの花は散った後でしたが、残っている花も少しだけありました。
P8180196


硫黄岳山荘に10時45分に到着・・・
P8180202


ここから硫黄岳までが最後の登り・・・
この辺りから右膝の裏に痛みが出始めました。
P8180206


11時10分、何とか硫黄岳山頂に着きました。
P8180208


山頂のすぐ先は爆裂火口・・・
P8180211


硫黄岳山頂から赤岩の頭まで下り、赤岳鉱泉への道に入ります。
P8180218


赤岳鉱泉へは樹林帯の登山道を下ります。
膝痛が増して来て辛い下りでした。
P8180220


12時15分に赤岳鉱泉に到着しました。
P8180223


膝痛でペースが上がらず、帰りのバスの時間に間に合うか怪しくなって来ました。
休みたい気分でしたが、水分補給だけして出発しました。

赤岳鉱泉からは北沢ルートを下山します。
沢沿いの登山道にはヤマトリカブトが綺麗に咲いていました。
P8180229


良い撮影スポットも沢山ありましたが時間が無いので素通り・・・
次来るときは、もう少し時間に余裕のある計画を立てましょう(苦笑)。
P8180235


後半の長い林道歩きは痛む膝には辛かった・・・
ヨレヨレになりながら何とか美濃戸口まで戻って来ました。
P8180240


美濃戸口に着いたのが14時10分、茅野駅行きのバスは14時45分発です。
着替えもしたいし、風呂にも入りたい・・・
八ケ岳山荘のお風呂に大急ぎで入って、何とか間に合いました。

茅野駅までのバスの車窓から見た八ヶ岳連峰・・・
P8180243


茅野駅15時55分発の臨時特急 " はまかいじ " で帰路に着きました。
横浜まで乗り換えなしで来れるのは良いですね・・・
P8180245




☜御覧になりましたら、1クリック御協力をお願い致します。

road_to_crown at 22:29コメント(0)登山記録 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
冬はスキー、春から秋は旅行や登山に・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人 Michyのブログです。
スキーとオフの旅行や散策記事をメインに
書いています。

■著作権について
掲載した記事、画像の著作権は当ブログの
管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。

■免責事項
ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント