2017年9月2日に宿泊しました。

沓掛温泉 大本の湯 満山荘
P9030401






















沓掛温泉があるのは長野県青木村、標高670mの長閑な田園地帯です。
開湯は平安時代と言われ、約1200年もの長い歴史があります。
江戸時代には近隣の温泉地を凌ぐ賑わいであったと伝えられていますが、現在は数軒の宿があるだけの静かな温泉地です。


奥山田温泉にあった満山荘は、温泉施設の老朽化のために2016年1月に閉館しました。
しかし同じ時期に後継者不在のため閉館予定だった沓掛温泉の " おもとや旅館 " を引き継ぐ形で移転。
リニューアル工事を経て2016年4月に " 沓掛温泉 大本の湯 満山荘 " として再スタートを切りました。
P9020218


※奥山田温泉 満山荘の様子は、こちら
※満山荘の施設は伊奈里館として再オープンしています。伊奈里館の様子は、こちら

玄関から入るとリフォームされ真新しい畳の敷かれたフロントがあります。
P9020202


その隣のロビーも綺麗にリニューアルされています。
P9020196


窓からは青木村の田園風景が望めました。
P9020207


奥山田温泉で見覚えのある家具や装飾品が幾つもありました。
P9020223


P9020205


施設は一部がリフォームされていますが、正直かなり年期が入っています。
廊下は歩くとミシミシと音が・・・
P9020244


案内表示は手書きの張り紙で・・・(笑)
P9020250


部屋はトイレ付きの部屋が6室とトイレ無しの部屋が7室の計13室あります。
この内、リフォームが済んでいるのはトイレ無しの部屋の方です。

今回は2階にある " 常念 " という部屋に宿泊しました。
部屋名の表示板も奥山田時代の物ですね・・・
P9020241


部屋は広縁の付いた10畳の和室、トイレと洗面所は共同です。
満山荘らしい和モダンな雰囲気にリフォームされていました。
P9020232


広縁には見覚えのあるハンギングチェアが・・・
P9020104


窓から外を見ると目の前には大きな銀杏の木が・・・
眺望は得られませんが、窓一面に緑が広がる雰囲気はなかなか良かったです。
P9020234


部屋と同じ階にあるコーヒ−ラウンジ・・・
P9020253


エスプレッソやアイスなどが頂けるようになっていて風呂上がりに寛げました。
P9020256


マッサージチェアも無料で使うことが出来ます。
P9020258


お風呂は階段で地下1階まで下ります。
地下と言っても斜面に建つ宿なので実際には地上部にあります。
P9020169


浴室は2つあり、時間で男女が入れ替わるシステムです。
まずはチェックイン時に男湯になっていた右側の浴室に行ってみました。
P9020155


中に入ると内湯の入口があります。
右奥に見えるのが露天風呂に下る階段です。
P9030393


内湯は3人も入れば一杯になる小さなものです。
P9020107


この宿は泉温34.7℃の単純温泉と38.5℃の単純硫黄温泉の2つの源泉を持っています。
宿のパンフレットを見ると泉温が低い方の単純温泉は加温かけ流し用に、泉温の高い単純硫黄温泉は源泉かけ流しで使っているようです。
内湯は単純温泉を加温してかけ流しており、無味無臭のさらりとした浴感でした。

内湯から外に出て階段を下って行くと、8月に新しく出来たばかりの露天風呂に出ます。
P9020139


こちらが新しく出来た露天風呂・・・
屋根のある半露天風呂で、浴槽は2つに分かれています。
P9020124


単純硫黄温泉をそのままかけ流している手前の浴槽は37℃程度でかなり温め・・・
P9020120


奥の小さな浴槽には加温された単純温泉も少し加えられているようです。
それでも温度は少し温めで長湯に向いたお風呂でしたね・・・
P9020146


露天風呂のお湯は湯の華が舞い、手に取って嗅ぐと玉子臭も感じられました。
スベスベ感もしっかりある良いお湯です。

眺望は木々の間から青木村の田園風景が望める程度・・・
それでも緑に囲まれ解放感は悪くありません。
P9020142


翌朝に入ったもう一方の浴室も内湯は全く同じ造りです。
P9030333


露天風呂は、おもとや時代に内湯だったものを露天風呂に改修しています。
こちらも単純硫黄泉をかけ流しで使用しており、玉子臭とスベスベ感のあるお湯でした。
P9030318


木炭を並べた装飾は奥山田のお風呂にもありましたね・・・
P9030326


さて、満山荘の楽しみは奥山田時代から美味しいと評判の食事です。
朝夕とも浴場の手前にある食事処 " 風土 " で頂きました。
P9020171


前菜は地物野菜、信州サーモンのコンフィー、生湯葉、自家製の食前酒・・・
見た目も綺麗です。
P9020270


牛乳豆腐はプルプルの食感が楽しめました。
P9020289


宿名物の十六穀米のスープは、非常に美味しいです。
P9020284


天婦羅は揚げたてを一品ずつ席まで持って来てくれます。
P9020296


日本酒も、これだけの種類が揃います。
P9020298


これも宿名物のチーズ茶碗蒸し
P9020300


牛フィレと夕顔のお吸い物は良い出汁が出ています。
P9020304


メインは大岩魚を揚げたものを長芋、椎茸、ミニキャロットでサンドしたもの・・・
ジェノバ風ソースと紫芋のソースで頂きました。
P9020311


デザートまで美味しく頂きました。
P9020317


朝食はバイキング・・・
丁寧に作られた惣菜が並びます。
P9030368


美味しくて朝から食べ過ぎました。
P9030376


評価(5点満点)
部屋3、施設3、お湯4、内湯3、露天風呂4、夕食5、朝食4
硫黄温泉をかけ流している露天風呂のお湯はスベスベ感もあって良かったですね・・・
かなり温めのお湯ですが、気温のまだ高い今の時期には最高でした。
寒くなると加温湯の割合を増やすんでしょうか?
そうなると玉子臭やスベスベ感も弱くなってしまうんでしょうね・・・
料理は奥山田時代から変わらない味で美味しく、見た目も綺麗で楽しめました。
かなり老朽化した建物が、ちょっと心配ですね・・・
リフォームだけでは最早無理な面もあることは宿の方も言っておられました。
奥山田時代からのお気に入りの宿、今後の展開に期待します。

DATA
沓掛温泉 大本の湯 満山荘
住所:長野県小県郡青木村沓掛434
TEL:0268-49-2002
料金:1泊2食付16350円〜
泉質:(1)アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)
   (2)アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性温泉)
源泉温度:(1)34.7℃、(2)38.5℃
PH:(1)9.3(2)9.3




☜御覧になりましたら、1クリック御協力をお願い致します。