2019年8月と2020年6月に宿泊しました。(※記事更新2020年6月)

箱根芦之湯温泉 松坂屋本店
P6070585






















1662年(寛文2年)創業、350年以上の歴史のある温泉旅館です。
江戸時代の歌川広重の浮世絵にも描かれているそうですね・・・
2015年に起きた箱根の火山噴火の際に温泉設備が被害を受けて一時休業しました。
その間に経営が箱根金乃竹グループに移り、リニューアルを経て2017年春に再オープンしました。

門、玄関、フロント、ロビーにかけては全面的に新しくなりました。
P6070600


大きなシャンデリアが美しいロビーでチェックインの手続きをしました。
P6060336


P6060340


ウエルカムドリンクは、桜湯と最中または珈琲とビスコッティから選べます。
P7270020


P6060128


ロビーの隣にはフリードリンクコーナーが設置されています。
コーヒー、紅茶、ジュースは勿論、ビール、焼酎、サワー、日本酒も飲み放題です。
P6060477


前回宿泊した時は自分でグラスに注いで24時間自由に飲むことが出来ました。
今回は新型コロナウイルスに対する感染防止対策のため、スタッフの方が注ぐシステムに変わりました。
そのため時間もチェックインから22時までと朝7時半からチェックアウトまでとなりました。
まあ、この御時世ですから仕方がないですね・・・

部屋への持ち帰りは出来ず、ロビーか向かい側にあるサンルームで頂きます。
P7280418


無料なので夕食時のビールは我慢して、食後に思う存分頂きました(笑)。
もちろん風呂上がりにも・・・(笑笑)
P7270192


全22室ある部屋は鶴鳴館、春風荘、芝蘭荘、芦刈荘、離れの5つの建物に分かれています。
2019年8月に宿泊したのは鶴鳴館の " 豆桜 " という部屋・・・
P7270201


部屋は8畳の和室と寝室の二間続き・・・
2年前にリニューアルされたばかりなので綺麗です。
P7270229


奥の寝室には大きなベッドが備え付けられています。
程良い硬さで寝心地も良かったです。
P7270083


2020年6月に宿泊したのは春風荘の " 千種 " という部屋・・・
P6060167


部屋は8畳の和室に広縁・・・
鶴鳴館と比べると小さく少し年季が入っていますが、こちらの部屋には風呂が付いています。
P6060191


恐らくコロナ対策だろうと思いますが、最初から布団が引いてありました。
なるべくスタッフが部屋に出入りするのを少なくしようという配慮でしょう。
P6060199


6月初旬でしたが、朝晩は冷えるので広縁に置かれたテーブルには炬燵が入っていました。
P6060196


全ての部屋にネスレのコーヒーマシンが置かれていて自由に飲むことが出来ます。
P7270086


チェックイン後、早速お風呂へ・・・
長い通路を歩いてお風呂に向かいます。
P7270152


階段の昇り降りが多いので年配の方は少し大変かも・・・
P7280351


途中にある囲炉裏の間には昔懐かしい駄菓子が置かれていました。
P7270070


まずは大浴場 " 権現の湯 " へ・・・
左に見えるのは貸切露天風呂への入り口です。
P6060283


" 権現の湯 " は深夜1時までは右側が男風呂、早朝5時から9時半までは左側が男風呂となります。
P7270063


チェックイン後に入った右側の浴室はL字型の浴槽・・・
L字の折れ目部分で仕切られ、手前が温め、奥が熱めの温度設定になっていました。
P7270054


こちらの升に源泉を注ぎ、二つの浴槽に分配する際の湯量で温度調節をしているようです。
P7270046


P7270112


翌朝に入った左側の浴室の方が大きいです。
P6070537


浴槽の形は違いますが、右側の浴室と同じように温度が分かれています。
P6070543


続いて、リニューアルにより新しく出来た貸切露天風呂 " 万右衛門の湯 " へ・・・
P6060227


" 万右衛門の湯 " はチェックインから23時45分までと朝は7時から利用できます。
フロントでの予約制となっていて、時間になったらフロントに鍵を受け取りに行きます。
1回の利用時間は45分、空いていれば何度でも利用できます。
風呂付の部屋も多いので、予約で一杯になることはありませんでした。

大浴場の入口手前から外に出て通路を歩いて行きます。
P6070578


P6070561


5つの部屋に分かれていて、 " 忠蔵 " 、 " 清右衛門 " など人の名前が付けられています。
P7270180


P7280341


こちらは " 忠蔵 " という部屋・・・
P7270183


中に入るとソファーの置かれた脱衣スペース・・・
P7270173


脱衣所の隣には洗面台、その奥にシャワー室があります。
P7270166


脱衣所から出たウッドデッキに浴槽が備え付けられています。
スペースが広いので解放感は高く、奥に広がる森の樹々を眺めながらの入浴は癒されました。
P7270163


浴槽は4人程度が入れる大きさ・・・
かなり熱いので奥にあるコックを回して加水しないと入れません。
P7270169


他の部屋も浴槽の形が違うだけで造りは同じでした。
P7270291


P6060243


P6070500


最後に部屋風呂の紹介・・・
春風荘の " 千種 " には内湯が付いています。
P6070651


部屋風呂も温泉です。
一人用の小さい浴槽ですが、ざあざあ掛け流して入るのは贅沢な気分に浸れました。
温度が熱いので加水しないと入れないのが残念・・・

松坂屋は自家源泉を持ち、毎分200Lの豊富な湯量を誇ります。
加温、加水、循環のない源泉掛け流しです。

青緑がかった玉子臭のするお湯・・・
硫黄泉としては珍しいアルカリ性の湯なのでスベスベ感も感じられます。
P7270043


湯葉の様な白い湯の華が沢山沈んでいて、お湯に入るとふわっと舞い上がります。
本当に良いお湯です。
P7270116


食事は朝夕ともフロントのある建物2階にある食事処 " えん " で頂きました。
P7270278


宿場懐石と名付けられた料理は見た目も綺麗で美味しかったです。
P6060384


先付の五品
P6060387


羹(あつもの)は玉葱を擦りおろした汁につみれ、白木耳、冬瓜が入っていました。
優しい味です。
P6060394


御造りは新鮮です。
P6060407


P6060402


揚げ物は無花果、オクラ、黒あわび茸
無花果は好みが分かれるかも・・・
P6060410


賀茂茄子、太刀魚、豆腐の味噌田楽
P6060417


メインの足柄牛の陶板焼きは柚子胡椒の効いた味噌で頂きました。
P6060429


山形県産つや姫に茗荷とちりめんを加え釜炊きにした御飯は美味しかったです。
P6060442


デザートまで美味しく頂きました。
P6060454


朝食も美味しかったです。
P6070510


麦御飯、自然薯のとろろ汁に焼魚、けんちん汁
P6070520


自然薯は麦御飯にかけて・・・
朝からお腹一杯になりました。
P6070523


評価(5点満点)
部屋4、施設5、お湯5、内湯4、露天風呂4、夕食4、朝食4
良いお湯ですね・・・
個人的には箱根では一番の泉質だと思います。
新しく出来た貸切露天風呂も良かったです。
露天風呂や部屋風呂の湯温がちょっと高過ぎるのが残念・・・
良いお湯なので、あんなに加水しなくても入れるように調節してくれたら最高なんですが・・・
経営母体が変わり、良い意味で以前の " 老舗旅館 " という敷居の高さは無くなったと思いました。
従業員の方は若い方、外国の方が多いですが良く教育されています。
料理も美味しく満足しました。
また泊まりに行きますからフリードリンクコーナーはコロナに負けず続けて下さい(笑)。

DATA
箱根芦之湯温泉 松坂屋本店
住所:神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯57
TEL:0460-83-6511
料金:1泊2食付22000円〜
泉質:含硫黄−カルシウム・ナトリウム・マグネシウム−硫酸塩・炭酸水素塩泉
   (弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉温度:58.6℃、PH:8.1
HP:https://matsuzakaya1662.jp/




☜御覧になりましたら、1クリック御協力をお願い致します。