神奈川県の緊急事態宣言発出に伴い、僕の勤務先では再び休日の発熱外来を行うこととなりました。
corona-5401250_1920
























第3波の時とは違い日曜日は休みとなったので助かりました。
前と違って数名で回すので休みは取れるでしょう。

発熱外来の方は解熱剤、咳止めが出る程度なので大したことは無いのですが・・・
コロナ以外の救急搬送が多くて、そちらに多くの時間を取られることになりました。


今日現在の神奈川県のコロナ病床の使用率は78%、重症者病棟は90%近くとなっています。
自宅や宿泊療養施設に待機している患者も大勢居る訳ですし、あっという間に埋まるでしょう。
近隣の大病院は一般の新規入院を抑えている(と思われる)ので、基本 " 来る者拒まず " が方針の勤務先には多くの患者が搬送されて来ます。
結果、発熱外来より救急外来、病棟が大忙し・・・(苦笑)


案の定と言うか・・・
第3波の時と同様、 " なぜ民間病院はコロナ患者を入院させないのか " という声が少しずつ出始めているのが気掛かりです。
第3波の時にも書きましたが、民間に出来る訳ないんですよね・・・
民間病院なんて資金もなければ人員も少ない、設備も整っていない・・・

医療は " 慈善事業 " と思っている方が未だに多いので、こういう意見が出て来るのでしょうか?
医療は立派な " ビジネス " ですから・・・
補助金のある公的病院と違い、投資した分を回収出来ない(であろう)事業に手を出す民間病院は当然少なくなります。

やはり某国や大阪で作られた様なコロナ専用の簡易施設(病院)を作るか、公的病院をコロナ専用とする。
民間病院は溢れた一般の患者を受け入れる、これしか方策は無いと思いますが・・・どこまで話は進んでいるんですかね?
残された時間は多くないと思いますが・・・


国や自治体が具体的な策を打ち出せない中、我々に出来ることは、やはり " 自分の身は自分で守る " こと・・・

標準的な感染予防策をしっかり行うことは今まで通りですが・・・
アレルギーや基礎疾患などの無いワクチンを打てる方は早めに打った方が良いと思います。


根拠も無いまま " デルタ株には効果がない " と言う人が居ますが・・・
ファイザー、ゼネカのワクチンに関しては従来株に比べて " 発症と感染に対して減弱の可能性があるものの、重症化に対しては不変 " というのが現状での正しい情報です。
※国立感染症研究所発表
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/51/covid19_vaccine_20210721.pdf



2回接種した人に感染者が出ると、 " 効果がない " ような言い方をする人も出て来ていますが、もともとワクチンは打ったら感染しないわけではありません。
当然、密集、密閉空間で有れば感染します。
それはインフルエンザや他のワクチンに関しても同様、当たり前の事です。


SNS全盛の昨今、医者、研究者と称する人が海外でワクチンに関して〇〇と言う医学文献が出た、こういう話が言われていると言うと、その文献や話の内容が評価されることもなく、勝手に独り歩きして広まっていきます。
医学文献なんて誰でも書けますから・・・僕ですら書いてるし(笑)。
公的な機関が発表したこと以外は信用すべきでないと思います。


最初の時にマスコミも一緒になって副反応にばかりフォーカスを当てて報道したことも問題かと・・・
マスコミの責任も大きいです。


ワクチンの別の効果として " コロナ渦前の(に近い)生活を取り戻す " こともあると思います。
コロナを収束させるのは簡単には出来ないことは、誰しも分かっていると思うんですね・・・
でもこのままの自粛生活を続けていては日本経済自体も危うくなっていく・・・
ばら撒かれ続けている給付金も後々は増税として我々に降り掛かるでしょう。
現に雇用保険料の引き上げに関しては話が既に出ていますよね・・・


ワクチン接種の進んでいるアメリカ、イギリス、イスラエルのデルタ株増加後の状況を見るとワクチンで発症、重症化を抑えつつ、標準的な感染防止策は続けた上で従来の生活を取り戻すのが理想でしょうか・・・
3国の場合、規制を一気に取り払ったのは、ちょっと失敗かと思いますが、どうなんでしょうか?


そうは言っても " ワクチンが無いから打てない " という意見もあると思いますが、ある所にはあるんですよね・・・
近隣の病院、クリニックなどでワクチン接種を受け付けている施設があれば、電話で聞いてみてはどうかと思います。
意外に・・・打てますよ・・・



☜御覧になりましたら、1クリック御協力をお願い致します。